水道水が飲めるようにするには川の水を取水して、様々な過程を経て水処理がなされます。まずは取水した後は浄水場でポリ塩化アルミニウムなどの凝集剤を投入して浮遊物を沈下させます。それでも浮遊してる微細なのはその後砂や砂利の層がある場所を通すことでブロックさせられてしまいます。通過したろ過水はさらに次亜塩素酸ナトリウムなどの消毒剤を投入されて消毒されます。これで後は上水道管を通じて排水されますが、地域によってはそれでも飲んでみると他所の水に比べて不味かったり臭い水のままだったりする場合があります。そんな時は今ではオゾンも利用されたりなどします。そのオゾンの利用では水の中にオゾンを入れると、水の中の臭い元である物質などと化学反応をすることで解消をすることができるようになります。化学反応して原因を解消させられた水は水の中に残ったままのオゾンを特殊な排オゾン処理という装置で酸素に変換させられた後に地域に配水されることになっています。

水処理の方法として薬剤があります

家庭用の水であれば、そんなことは気にしないでもよいわけですから、企業においては、確実に水処理が必要になります。製造系の企業においては、かなりしっかりとした処理をしないといけないようになっています。それは水処理装置などによって、実行することができるようになります。いくつか方法がありますが、薬剤があるわけです。もう一つとしては、何といってもフィルターになります。フィルターを通すことによって、汚水を処理することができるようになります。そして、更にいえば、遠心力で沈殿物を取り出す、というのもあります。それで浄化することができるわけです。とても良い方法がいくつもありますが、基本的にはコストができるだけ下げるのが大事になっています。企業としては、それが当たり前であり、至上命題になっているといえます。水の処理は大変ですが、やらないと駄目です。

水処理と言うのは用途によって

水処理というのは、その使用用途によってやり方が変わってくることになります。処理といっても、必ずしも捨てることを意識しているわけではないですが、大抵はそうなります。工業、農業などでどうしても排水が汚染されてしまうことがあります。ですから、それをしっかりと処理をする必要があります。排水処理とは、周辺の環境に負担がないようにしたほうがよいです。特に人が飲んでも問題がないようなレベルにすることもあります。それだけやれることがいくつもあるわけです。薬剤を投入することによって、中和することもあります。酸性などがとても強くなっていることなどがあるからです。これでPH値を真ん中に戻すわけです。極端にアルカリ性に偏ってしまっていることもよくないです。この手の水の処理は企業によっては必須であり、コスト的にも悩ましい問題になっています。

水処理装置の販売と納入した装置のメンテナンスや標準製品や薬品販売を行う商品があります。東京都江東区にあります水処理技術に関係する商品とサービスを提供している会社です。 産業と人と自然の調和に貢献するために、「水の専門家」としての活動を行っています。 当社は総合水処理のエンジニアリング会社です。 お電話でのお問い合わせは9時から17時15分までのお問い合わせとなっております。 水の専門家オルガノ株式会社の水処理関連装置